裂き織り工房

SEARCH FACILITY目的から探す

古布が美しい生地によみがえる南部に伝わる生活の知恵と芸術の裂き織り工芸

使わなくなった布(服や着物、カーテン、布団など)を細くひも状に裂き、それを材料として、糸や布を自由に組み合わせ、織り機で一緒に織っていくという手法が、裂き織りと言います。古く使わなくなった布が、裂き織りによって、色鮮やかで美しい生地として生まれ変わります。このリメイク術は、物が希少だった時代、南部地方の女性たちの「ものを大切に使いたい」という心から生まれた、エコロジカルな生活の知恵。糸だけを織るのと違い、布と糸を組み合わせて織り重ねていくため、独特のボリューム感のある手触りに仕上がります。
初めてでも、ランチョンマットやコースターなどの作品が、およそ15分から30分ほどで完成します。バッグやポーチなどの大作は、数日間かかるため、何度も通っていただく必要がありますが、その場合はぜひご相談ください。
初心者から上級者の方まで、気軽にものづくりを楽しめる体験工房です。

INFORMATION店舗情報


同じような色合いの布を使っても、作品の仕上がりは作り手によって違うのが、裂き織りの面白さ。織ってみて、初めて分かる生地の柄や風合い。織る前は、どんな仕上がりになるのだろうか、という好奇心を掻き立てられます。

電話番号
0194-77-4379
営業時間
9:00〜16:00
定休日
年末年始(12月30日~1月3日)
PAGE TOP